世間が完全にエシカルに向かっている感


いつも読んでいただきありがとうございます。これを読んでくださっている皆さんは既にお気づきだと思いますが…世の中急ピッチかつ確実に変化してますよね。来るべくしてきてる世の流れではありますが、今日は、 今まさに直面しているエシカル熱高騰の経緯とその後をまとめておきたいと思います。

2019年パラダイムシフトが確実なものとなる

エシカルが投資トレンドになってからは数年経ちますが、今年2018年はスターバックスのプラスチックストロー廃止、ディズニーを運営するオリエンタルランドによるプラスチック製カトラリーの段階的規制、H&Mのビニール袋→紙袋への変更かつ有料化、など名だたる世界的大手企業がプラスチックフリーや持続可能な経営方針を打ち出しました。

日本経済新聞でも「エシカル」と検索をかけるとたくさんの記事が出てくるので、中小企業の経営者層の目にも留まっているかと思います。

そんなこんなで来年2019年は、一般マス向けの商売やサービスで”エシカル”と名のついた商品がたくさん発売されると思います。

これまでの“オーガニック”や”ボタニカル”と同じように使われ、一時期のトレンドになります。特にシャンプーは、こういったトレンドに敏感なのできっと”エシカルシャンプー”が出るでしょう。

私からしたら至極自然な世間の流れなので心構えは出来ています。そして今ここでエシカルプレスファミリーの皆様に一つだけお願いがあります。

エシカルをトレンドで終わらせない

トレンドは必ず廃れます。言葉も芸風もカルチャーも。トレンドになったものの顛末は、時代遅れ感をまとってしまうことです。

毎回言うようにエシカルマインドを田舎に住まわれるお婆ちゃまにまで知ってもらうためにはトレンドワードになるのは賛成です。でも、トレンドだけで終わらせてはいけません。

エシカルは、一旦トレンドにするためにオシャレやファッション性を持たせて世の中に売り出されると思いますが、本来オシャレでもファッションでもなく行動規範の一つです。それも全人類が取り組んでも尚、追いつくかどうか…という事態にまできている地球破壊の状況を改善していこうとする行動です。

俄かにトレンド化して廃れてている場合ではないのです。

エシカルを定着させるには

エシカルを一時のトレンドではなく定着させるためには、やはり皆さん自身の習慣としてしまうことが一番です。

マイバッグ・マイハシ・マイストロー、
過度な装飾は排除して必要最小限なものを選ぶ、
有害なものを避け体に優しいものを選ぶ、
手荒れを起こす洗剤を避け生分解性の高い洗浄剤を選ぶ、
ゴミそのものを減らす、

これらの日々のエシカル生活習慣をトレンドとして取り入れるのではなく習慣として取り入れて欲しいのです。大げさな寄付や野外活動に参加する必要はありません。エシカルは毎日の生活にこそ実践の場があるからです。

来るべきエシカル新時代を前に、エシカルプレスファミリーへのお願い事でした。

地球に優しく自分に優しい選択を。
ethical is happy💛


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です