日本最大のファッション・デザイン展示会roomsのエシカルエリア覗いてみました


いつも読んでいただきありがとうございます。

先日、五反田で開催された日本最大のファッション・デザイン合同展示会「rooms」に行ってきました。ファッション業界はいち早く「エシカル」をキーワードとして取り上げており、本展示会でも2013年開催回より「エシカル」エリアが常設されています。

そこに今回は、リステア勤務していたアパレル時代、お世話になった吉川稔氏が関わっているというのでお邪魔して参りました。。“賑わい・街づくりクリエーションの東邦レオ株式会社とファッション・カルチャーの領域で様々な事業を手掛けるアッシュペーフランス株式会社は「エシカル」を軸とした空間演出事業を創出するプロジェクトを開始する”とのコト。

 

要は、マルッとオフィス・商業施設などへ空間のグリーン化/緑化を提案しちゃおう!というもののようです。(私としては、近い将来ホテルや駅、空港などへも参入するのでは?と思ってますが…)そしてそれらの空間作りは中で働く皆様も共に行いましょうね!というオプション提案付き。空間作りと言っても、平面的な企画立案やシュミレーションではなく、切ったり塗ったり剥がしたりの実作業をする、という本当に作っちゃうことが出来る、リアル体験です。私は、イベントディレクションやオフィス移転なども経験してるので確実に言えますが、空間作りは、それをデザインした当人に深い深い愛情がうまれます。制作行程は、自身のSNSで写真UPしたいですし、ご家族にも話すでしょうし、完成日が心待ちになるでしょう。

要は、中で働く人々がPRの役割も担い、その後も大切に使い続けるという企画者側のメリットたっぷりの企画です。国民総クリエイター時代を見事に捉えたプロジェクトだと感心しています。

 

 

 

 

 

(吉川さん…お見事すぎて怪しい目で見てしまいます…)

でも私としては、エシカル(ethical)という言葉が広まり、エシカル(ethical)の認知が拡大し、エシカル(ethical)への興味関心が芽生え、日々の行動を見直し地球の未来が一人一人の手によって明るいものに変えていけるのだということが広まればHAPPYなので どんどん仕掛けてほしいと思います!

地球に優しく自分に優しい選択を。
ethical is happy💛