周囲にいる人で知る自分の波動

いつも読んでいただきありがとうございます。最近やっと仕事熱が出てきたエシカルプレスemiです。
そりゃ強制脱サラをしたのが2月末、定職つかず8ヶ月目ともなると仕事リズムが懐かしかったり、生活費も苦しかったり、で仕事熱を出さざるを得ないのです…
で、少しばかりヤル気を出して、人と会ったりSNS活性化したりしてみています。

改めて思うコミュニケーションの面倒さ

家でのんびり過ごすこと8ヶ月。化粧はおろか、着替えるタイミングもわからないまま毎日を過ごしていました。息子がいてくれるお陰で朝はなんとか起きてましたが、息子不在だったら昼夜問わず寝て過ごしていたことは間違いありません。とにかく寝るのが好きなので…

そんな私が、仕事熱なんか出しちゃったせいで直面したのは、人と会うのに化粧?こそしなくても一応身なりを整えること、時間の約束をすること、私と違った意見を持った人の話を聞くこと、という面倒なアレコレ。

幸い、脱サラした時点で嫌いな人とは接触せずに済むようになりましたが、それでも人は十人十色。意見が異なるポイントがあります。異なるポイントは相手をリスペクトして理解しようと努めますが…

この8ヶ月間でその耐性が消失した(゚∀゚)

頭では、私以外の誰かと関わる時点でこの”面倒なこと”は避けて通れない事象なのは承知しているのですが…実際その当日になると芽生える感情が、

あー面倒くさい。

私って欠陥品なのかな?と最近改めて思っています。

それでも、ある一部の人たちと共に過ごす時は、面倒な感情は皆無。意見が異なろうが、想定外なことしてようが、リスペクトしたままで会話ができるんですよね。

この違いはなんなのか、と自分の感情を分析しようと内部観察してみると、私自身、すぐイラつく怒りエネルギー保有者だし、極度の依存症やん!ってことに気づきました。残念ながら、ウザいと思っていた人種そのものだったのです…鏡の法則〜周りにいる人は自分の写し鏡です…納得。
要は、自分のことが嫌いで自分とよく似た人を見るとイラつく、もしくは他人の中に自分に似た部分を見つけるとイラつく、と何れにしても私が私自身のことを大好きにならない限りは、解決しないんだ…わかっちゃいたけど、やはり答えは自分の中にあるんだと気づきました。

前者である私が後者になるための唯一の手がかりは…波動

音も光も全ての物事は、波動を伴って事象化されています。
会議室内で社長がピリピリした雰囲気で入ってきた時とにこやかに入ってきた時、明らかに場の空気が変わりますよね、あれも人による波動が発せられているからなんですね。

人による波動は、影響力大

当然、周囲の人々に私自身も影響を受けているわけで、怒りエネルギーの強い人,嫉妬感情の強い人,依存癖の人,猜疑心の塊の人と共にいるのか、ハッピーオーラ全開の人,いつも笑顔の人,自立している人と共にいるのかでは、私自身のエネルギーも変わってくるというものです。

「波調が合う」「波調が合わない」って言いますよね。波動って、ラジオのチューニングみたいなもので、チュニーングが合わない人の言葉はきちんと聞き取れないらしいのです。同じ波調の人同士でないとコミュニケーションが取れないw かろうじて後者の声が聞こえてる私は、後者になれる可能性があるはず。

もちろん私も、周囲の人々に影響を与えているので注意しなければ!とは思っています。高波動を自家発電できればいいのですが、まだまだ修行の身なので、残念ですがそれはできない。

となると私は高波動の人々に囲まれて、自分を高波動に保つしかありません。高波動な人やフェアトレード製の服、怒り感情を溜め込んでいない食材などHAPPYな人物事を選び、高波動を取り入れます。早く突き抜けて自家発電できるようになりたい!

地球に優しく自分に優しい選択を。
ethical is happy💛