SDGs17:パートナーシップで目標を達成しよう


2015年9月に生まれた新たなアジェンダ、SDGs(エスディージーズ)。

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で国連本部で日本を含む193の加盟国の合意で採択された「持続可能な開発目標」です。
エシカルプレスでは、地球をより良くするために掲げられた、この壮大な17の目標を1項目づつ紹介していきます。
ご自身が取り組める項目を見つけるための参考になりますように…

17,パートナーシップで目標を達成しよう
〜持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

持続可能な開発目標(SDGs)は、グローバルなパートナーシップと協力に向けた強い決意がない限り、実現できません。
先進国による政府開発援助(ODA)は、2000年から2014年にかけて66%増額されましたが、紛争や自然災害による人道危機は引き続き、資金と援助を必要としています。
成長と貿易の促進にODAを必要とする国も多くあります。

世界はかつてないほど結びつきを強めています。

技術や知識へのアクセスの改善は、アイデアを共有し、技術革新を促す重要な方法です。
開発途上国による債務の管理を支援する政策を調整するとともに、後発開発途上国(LDCs)向けの投資を推進することは、持続可能な成長と開発の達成に欠かせません。

持続可能な開発目標(SDGs)は、すべてのターゲット達成に向けた各国の計画を支援することにより、南北、南南協力を強化することを狙いとしています。
国際貿易を推進し、開発途上国の輸出増大を支援することは、公正かつ開放的で、すべての人々に利益をもたらす、ルールに基づく公平な普遍的取引システムの実現に欠かせない要素です。

SDGsは、とにかく壮大

グローバルな連帯の強化は、持続可能な開発のための2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の一つです。社会課題は、どれか一項目だけが切り取られて起こっているわけではないので、その解決策もまた包括的なアプローチとなります。

常に心にSDGsを。
今属しているコミュニティでSDGsのどの目標に関われるかを議論してみては如何でしょうか?

ethical is happy💛

参考文献:国連開発計画