フレキシタリアンという選択


どうもemiです。
今日は、我が家の食事事情を。

我が家がveganに舵を切ったきっかけ

私がエシカルプレスを立ち上げたのが約2年前、その頃からふんわりとveganて言葉を意識するようになりました。意識すると情報が入ってくるのが今の世の中なわけで、Instagramやtwitterでたくさんの牛や豚の屠殺映像を目にするようになりました。他にも「牛乳を出すために子牛を産ませておいて、子はすぐ隔離されるんだよ」とか「オスのひよこは卵を産めないから、生まれてすぐシュレッダーにかけられるらしいよ」なんて情報も入ってくるわけで。。。

そりゃ8歳男子のガラスのハートは激しく衝撃を受け、「もう肉食べないし、牛乳と卵も食べない」となったわけです。

そう、私がエシカリストなので私の影響で息子も肉類食べさせてもらってない、と思われがちなのですが、我が家の肉断ちは息子発信。周囲の皆様に驚かれます。

育ち盛りの子供がいるのに可哀想なんてことも言われますが、どちらかというと料理に便利な卵や鶏肉使えないから母が大変で可哀想だと思っています(//∇//)

排除する食材/取り入れた食材

排除

  • 牛肉→豚肉→鶏肉と段階的に辞めていきました。
    (魚は未だにいただきます)
    牛乳・チーズ・鶏卵
    (バターは相変わらず大好きです)

積極摂取

  • タンパク質は主に豆から。
    豆腐・きのこ類も格段に増えました。
    あとは野菜を茹でるのではなく蒸すようにして栄養価キープ。

フレキシタリアンになってみて

なんだかんだで体を壊すこともなくっていうか
逆に調子よく、毎日元気に過ごしています。
肉を食べていた頃と比較すると体が軽くなったし、疲れにくくなったし
何より快便になったかも。
肉類は消化に時間かかるって言いますしね。

とは言え、宿泊先ホテルや知人宅PARTYなどで出されればそれはありがたく頂きますし、アレルギーや宗教やでNGな訳ではないので、あまり頑なになりすぎずにフレキシブルに続けていこうと思います。

地球に優しく自分に優しい選択を。あ。肉断ちは家計にも優しいです!
ethical is happy💛


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です